EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

Apple、Apple Pencilに対応した9.7インチの「iPad」を発表、教育機関向けディスカウントも

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/03/28 15:18

 米Appleは、Apple Pencilに対応するとともに基本性能をさらに高めた9.7インチモデルの新しい「iPad」を、3月27日(現地時間)に発表した。

iPad 9.7インチモデル
新しい9.7インチ「iPad」

 従来は「iPad Pro」でしか「Apple Pencil」を利用できなかったが、今回の新しい9.7インチモデル「iPad」の登場によって、より手頃な価格のiPadでもApple Pencilが使えるようになる。

 「Apple Pencil」は、高度なセンサが筆圧と傾きを計測し、正確さと敏速な反応によってNotability、Pages、Numbers、Keynote、Microsoft Officeといったアプリで、ノートをとったりイラストを描いたりといった作業を可能にする。

 ほかにも、CPUを従来機種よりも処理速度を40%、グラフィックス性能を50%向上した、A10 Fusionに更新している。また、カメラやセンサの性能を向上するなど、ARへの対応も強化した。

 サイズは幅169.5×高さ240.0×厚さ7.5mmで、重さはWi-Fiモデルが469g、Wi-Fi+Cellularモデルが478g。カラーは、シルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。

 公式サイトおよびApple Storeでの税別価格は、Wi-Fiモデルの32GBモデルが3万7800円、128GBモデルが4万8800円、Wi-Fi+Cellularモデルの32GBモデルが5万2800円、128GBモデルが6万3800円。「Apple Pencil」の税別価格は1万800円。

 なお、教育機関向けの税別価格は、「iPad」が3万5800円から、「Apple Pencil」が9800円。


【関連リンク】
アップル
「iPad」



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0