SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

武蔵大学、ヤフーのビッグデータ分析ツール「DS.INSIGHT」を社会学部の授業に導入

 ヤフー(Yahoo! JAPAN)は、同社が提供する事業者向けデータソリューションサービスにおいて、ビッグデータ分析ツール「DS.INSIGHT」が武蔵大学社会学部の授業に導入されたことを、8月5日に発表した。

 同社では、多様なサービスから得られるビッグデータを活用し、企業や自治体向けに事業の創造や成長支援、課題解決などにつなげるインサイトを提供することを目的として、2019年に事業者向けデータソリューションサービスの提供を開始した。

 このサービスには、検索データや位置情報を中心としたYahoo! JAPANのビッグデータをもとにブラウザ上で調査・分析できる「DS.INSIGHT」、統計データをブラウザ以外のシステムからもダイレクトに利用できる「DS.API」、個々の企業や自治体の要望に応じてオーダーメードの課題解決を行う「DS.ANALYSIS」がある。

 武蔵大学では、特に社会学部においてデータサイエンス教育に力を入れており、データに基づいて社会問題を考え、社会の中でデータを活かすために活躍できる人材の育成を目指している。その中で、現実社会を表すデータとして従来より活用していた「RESAS(内閣官房が運営する地域経済分析システム)」や「jSTAT Map(総務省統計局が運営する地理情報システム)」に加え、社会の関心を示すデータとして「DS.INSIGHT」を導入した。

 庄司昌彦教授のゼミにおいては、自治体の統計データや各種オープンデータと「DS.INSIGHT」のデータを活用し、街の魅力をプレゼンテーションして競い合う「シビックパワーバトル」を実施し、学生たちが「データに基づく主張・議論」を実践した。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7976 2022/08/16 15:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング