EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

「i-FILTER」と「m-FILTER」、次期バージョンでクライアントの標的型攻撃対策が可能に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/05/08 18:03

 デジタルアーツは、Webセキュリティソフト「i-FILTER Ver.10」とメールセキュリティソフト「m-FILTER Ver.5」を、9月19日に発売する。昨今の標的型攻撃増加を受けて、「i-FILTER」と「m-FILTER」の最新バージョンでは、クライアント端末を狙う標的型攻撃対策機能を大幅に強化した。

 標的型攻撃の98%がメールから感染するため、「m-FILTER Ver.5」ではメールの送信元・添付ファイル・リンクの偽装判定と隔離、添付ファイルやHTMLメールに仕込まれた不正コード、悪質なサイトへの誘導を無害化し、安全なメールのみ受信できるようにする。

 「i-FILTER Ver.10」では、これまでのWebフィルタリングデータベースの収集方法を見直し、検索可能なWebサイトをすべてカテゴリ登録することで、Webフィルタリングの網羅率をほぼ100%に引き上げた。また、検索サイトでは検索できないダークネットやDeep Webと呼ばれるサイトへのアクセスは、警告またはブロックすれば標的型攻撃が防げる。

 このほか、メール本文や添付ファイル内からの、悪意のあるサイトへ誘導は「i-FILTER」によってブロックされる。

 今回のバージョンアップによって、「i-FILTER」と「m-FILTER」を組み合わせて使用すれば、Webとメールによるマルウェア感染やデータ流出をより強固に抑えられるようになるとともに、過剰な多層防御にかかる費用や管理工数を抑えられるので、大幅なコスト削減が可能になる。


【関連リンク】
デジタルアーツ
「i-FILTER」「m-FILTER」最新版



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0