SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

23年卒学生、興味のある社会問題1位は「少子化・働く女性支援」、約8割が選挙での投票経験あり【マイナビ調査】

 マイナビは、2023年卒の大学生・大学院生を対象に実施した、「大学生のライフスタイル調査 ~今年の就活生のwithコロナ2年目の日常は?~」の結果を2月21日に発表した。同調査は、11月26日~12月22日の期間に行われ、3756名(文系男子:663名、文系女子:1609名、理系男子:688名、理系女子:796名)から有効回答を得ている。

 調査対象者に、結婚後の仕事に関する考えを尋ねたところ、「夫婦共働き」を希望する回答が男子では59.9%、女子では74.5%を占めた。

結婚後の仕事に関してどのように考えているか
結婚後の仕事に関してどのように考えているか

 「結婚せず自分の収入のみで生活するのが望ましい」という回答は、男女とも調査開始以来もっとも多くなり、はじめて1割を超えている。

結婚せず自分の収入のみで生活するのが望ましいの推移
結婚せず自分の収入のみで生活するのが望ましいの推移

 子育てに関して、「育児休業を取って積極的に子育てしたい」という回答は、男子が59.9%、女子が68.0%だった。

子育てについて、あなたの考えに近いもの
子育てについて、あなたの考えに近いもの

 「育児休業を取って積極的に子育てしたい」と答えた割合は、男子は7年連続の増加となり調査開始以来、最高値を4年連続で更新している。

「育児休業をとって積極的に子育てしたい」の割合推移
「育児休業をとって積極的に子育てしたい」の割合推移

 「今のところあまり子どもはほしくない」という回答は、男子が7.5%、女子が14.5%で、どちらも調査開始以来もっとも多かった。

「今のところあまり子供は欲しくない」の割合推移
「今のところあまり子供は欲しくない」の割合推移

 興味のある社会問題を尋ねた質問では、前年調査で1位だった「伝染病・感染症対策」が24.7%に留まり、「少子化・働く女性支援」(33.2%)が1位となっている。

興味のある社会問題
興味のある社会問題

 理系女子でも「少子化・働く女性支援」(42.7%)が1位となり、文系女子では「ジェンダー平等・社会的性差」(48.9%)、文系男子では「格差社会」(33.6%)、理系男子では「地球温暖化」(36.0%)が1位だった。

興味のある社会問題(文理男女別)
興味のある社会問題(文理男女別)

 これまでに選挙で投票したことがあるかを尋ねたところ、「はい」が79.2%に達している。

これまでに選挙に行って投票したことはあるか
これまでに選挙に行って投票したことはあるか

 投票に行ったことがない人に行かない理由として、もっとも当てはまるものを尋ねた質問では、「地元に帰らないと投票できないから」(22.7%)がもっとも多かった。

投票に行かない最大の理由
投票に行かない最大の理由
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7124 2022/02/22 13:30

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング