EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

生徒と保護者の生の声から未来を見据える――プログラミング教育で子どもたちに身につけてほしい力とは?

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 静岡の英語&プログラミングスクール「D-SCHOOL」の現場から、これからの教育と大人気ゲーム「マインクラフト」の教材としての活用についてお伝えする本連載。前回は、今後必修化される「プログラミング教育」について、「創造性」や「論理的思考力」を育むことが本来の意義であること、さらに、それらを育むために私たちが意識していることをお伝えできたかと思います。最後の第3回では、現場からの子どもたちや保護者の声を聞きながら、未来を生きる子どもたちにどのような力をつけてもらう必要があるのかを、今までの連載の内容を踏まえて考えていきます。

子どもが夢中になれる教材で学ぶ意味

 D-SCHOOLでは、現在3つのコースを用意してプログラミング教室を運営しています。毎週末に無料体験会を開催しており、「ゲーム制作コース」「ロボットコース」「マイクラッチコース」の中から1つ選んで体験に来てもらいます。

 保護者の方からは「どのコースが良いのでしょうか」とご質問を受けることが多いのですが、私たちは「お子さんが一番夢中になれる教材で学ぶのが良いです」とお答えしています。どのコースでもプログラムの導線や身につく力は共通しているので、あとはどこまでのめり込んで楽しんでくれるかが鍵になってきます。それぞれの教材には「完成例」はありますが、どこで「完成」とするかは子どもたち次第。納得するまで作り込んでもらうことでモリモリと力がついてきます。

「諦めずに完成させたときの達成感がいい!」――受講生の本音

 D-SCHOOLのプログラミングコース受講生とその親御さんに、コース選択や満足度について実際にうかがってみます。今回、教材にマインクラフトを用いた「マイクラッチコース」の受講生の福元くん親子にインタビューをさせていただきました。

水島(筆者、以下水:どうしてこのコースを受講しようと思ったの?

福元くん(以下福):はじめは、ゲーム制作コースに興味を持っていて、体験会に来たらマイクラ(マインクラフト)もあったので、そっちでやってみようかなと思ってマイクラッチコースにしたんだ。

:マイクラでプログラミングできるってことは知ってた?

:知らなかったけれど、マイクラはもともとやってたから、プログラミングが大変そうだとは思わなかったかな。普通は自分で建物を作ったりするけれど、それを「やらせる」ってところが面白い! たまに難しいって思うこともあるけれど……途中でブロックがずれちゃったり! でも諦めずにやってできたときが一番うれしい!

マインクラフトにもともと触れていたと話す福元くん。さらに新しいことに挑戦できている様子
マインクラフトにもともと触れていたと話す福元くん。さらに新しいことに挑戦できている様子

:お父さまから見て、D-SCHOOLへ通い出してからお子さまに変化はありましたか?

福元くん父(以下、福父):毎回子どもがとても楽しみにしています。もともとマイクラばかりやってたので、夢中になっているマイクラが学びになったらいいなと思ったのがきっかけです。やらされてではなく、好きになってもらって一生懸命やってくれたらそれでいいかなと思っています。

:おそらく、勉強しに来ているというよりもプログラミングを使ってマイクラの新しい楽しみ方を学んでる感覚ですよね。でもそれが学びになっている。もうすぐ通い始めてから半年くらいたつけれど「できること増えた」ってなんとなく感じる?

:感じる!

福元くんとお父さま。お子さまの様子をうれしそうに語る
福元くんとお父さま。お子さまの様子をうれしそうに語る

:プログラミング教育は今後の社会を見据えたときに、必要だと思いますか?

福父:デジタルにまつわる学習に関して親世代が遅れているので、こういったものを早めにやらせてあげるのは良いことだと思います。やらされてではなくて、楽しくのめり込んでいってくれるのが一番良いかと。プログラミングはもちろん、デジタルツールを使いこなす力を身につけることは今後もっと大事になるのでそのあたりも学んでもらえたらと思います。

                                            

 多くの人がスマートフォンを持つようになり、VR(仮想現実)やAI(人工知能)分野もめまぐるしく発展している現代。「今の小学生の65%は、今存在していない職業に就く」との予測も出され、今の子どもたちは不確かな未来に向かって成長していくことになります。

 そこで子どもたちに「どんな職業にも共通して必要になる論理的な思考力や、新しいコト・モノを作り出すことのできる創造力を身につけてもらいたい」と考える保護者の方が増えてきていると感じています。

 プログラミング教育を効果的に行うために最も重要な条件は、主役である子どもたちに夢中になって学んでもらうこと。福元くんが話してくれたように「うまくいかないことがあったとしても楽しいから諦めずにチャレンジできる」のが長所です。実際に学んでいる子ども自身からもこういった声を聞くことができたのは嬉しい限りで、ご理解ご協力いただいている保護者の皆様にもとても感謝しております。

未来の社会を見据えて

 日本は、技術力こそ優れていると言われますが、コンセプトやブランド作りといった面は苦手です。これからの時代、物でもサービスでも開発の大部分が無人化、つまりロボットやAIが行う方向に向かうと予測できます。そのため、技術による差別化はますますしづらくなり、コンセプトや見せ方をどうするかが頭の使いどころとなっていくでしょう。そこは現代の日本人の弱いところ。

 先月、D-SCHOOLではクリスマスパーティー兼発表会を行ったのですが、その中で扱うゲームは、そのコンセプトから生徒に考えてもらいました。今まで習ったプログラムを使ったゲームを作って、いかにみんなを楽しませるか、パーティーを盛り上げるか。そして、みんなが楽しんでくれた成功体験が自信になって、やがて人格の土台となる原体験になります。

 子どもたちの発想の1つに「マインクラフトのブロックを使ったビンゴをする」といったアイデアがありました。そのアイデアを膨らませて、コンセプトから内容、実施までをやり遂げてもらったのですが、当日はものすごく盛り上がり、マイクラビンゴはみんなを熱狂させることになったのです! そういった経験を積むことによって、プログラミング以外にもさらにいろいろなことにチャレンジしてもらいたいと願っています。

生徒が作成したマイクラビンゴ
生徒が作成したマイクラビンゴ。発表の様子はこちらの動画で見ることができます。

最後に、プログラミング「で」学ぼう!

 繰り返しになりますが、プログラミング教育は「創造性」や「論理的思考力」などを育むためのものであり、プログラミングの技術を身につけることだけがその目的ではありません。学校で必修化された後も、プログラミング「で」何かを学ぶことがポイントになります。プログラミングを学びながらコンセプト作りを学んだり、周りの人に楽しんでもらうコンテンツを自ら作り上げたりといった経験は、これからの働き方に備えるためにもとても重要だと考えています。

 先日、D-SCHOOLの生徒が「ペッパー」のプログラミングコンテストで特別賞を獲得して、ソフトバンク主催の全国大会に参加することになりました! また、別の生徒はNHKの人気番組「Why!?プログラミング」に出演するなど、生徒の活躍の幅がさらに広がってきています。スポーツと同じで、裾野が広がればスター的な人材も出てくることでしょう。21世紀の教養としてのプログラミングということで裾野も広げつつ、その中で出てくる個性もしっかり伸ばしていける環境を提供していきたいと思います。

D-SCHOOLオンラインで学ぶマインクラフト×プログラミング

 D-SCHOOLのプログラミングコースは全国に広がっています。エンタメ性にあふれた映像教材を使いながら進めていくコースを通して、楽しい学びが広がるお手伝いができればと考えております。全国に提携校も増えており今後も楽しく学べる環境を広げていければと考えております!

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 水島滉大(D-SCHOOLプログラマ )(ミズシマコウダイ)

     静岡県立大学経営情報学部卒業、高校教諭 第一種免許状(商業、情報)取得。  大学では、プログラミングやマルチメディアを学び学生時代よりプログラマとしてD-SCHOOLをサポート。プログラミング教育に精通し、高校教諭免許を取得。  マインクラフト歴は7年の日本屈指のマイクラユーザー。マインクラフ...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0