SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

内田洋行、教育コンテンツ配信サービス「EduMall」で小学校向けプログラミング教材「Scratchテキスト」を無償配信

 内田洋行は、教育コンテンツ配信サービス「EduMall(エデュモール)」にて、小学校向けのプログラミング教材「Scratch(スクラッチ)テキスト」を無償配信する。

Scratchテキスト
「Scratchテキスト」の画面例(定義を使ってみよう)

 今回無償配信する「Scratchテキスト」は、ゲーム作りを通してマサチューセッツ工科大学メディアラボのグループが開発した子ども向けプログラミング言語「Scratch」を学ぶ教材で、テックプログレスが開発した。

 テキストには、テックプログレスが展開している児童向けの習い事教室の現場で、のべ1万時間以上かけて作られた、全10回分の授業に対応する約100ページ分を収録している。プロジェクターでスクリーンに投影して使用可能で、印刷・配布すれば子どもが1人で学習を進められる。

Scratchテキスト・教材一覧
「Scratchテキスト」の教材一覧画面

 「EduMall」は、平成14年の総務省「EduMart」実証実験で得られた知見をもとに、内田洋行が商品化したコンテンツ配信サービス。32社から提供されるデジタルコンテンツ約1150タイトルから、学校の要望に応じたコンテンツを年間契約で効率的に利用できる。


【関連リンク】
内田洋行
「EduMall」

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/629 2017/12/13 16:57

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング