EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

2023年卒学生、約9割が7月末時点でインターンシップに応募【マイナビ調査】

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/24 15:45

 マイナビは、2023年3月卒業予定の全国の大学3年生、大学院1年生を対象に実施した「マイナビ 2023年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(7月)」の結果を、8月23日に発表した。同調査は、7月20日~31日の期間に行われ、5149名(文系男子:968名、文系女子:2606名、理系男子:723名、理系女子:852名)から有効回答を得ている。

 調査対象者に、7月末時点でインターンシップ・ワンデー仕事体験に応募したことがあるかを尋ねたところ、応募したことがあるという回答は前年比1.9ポイント増の90.5%に達した。

これまでにインターンシップに応募したことがある割合
これまでにインターンシップに応募したことがある割合

 インターンシップ・ワンデー仕事体験に応募したことがないと答えた人に、その理由を尋ねた質問では、「他のことで忙しく、エントリーをする時間が取れなかった」(47.1%)、「活動を始めたばかりでそもそも存在を知らなかった」(21.9%)が上位となっている。

これまで応募に至らなかった理由
これまで応募に至らなかった理由

 7月までにインターンシップに参加した学生は、前年比10.2ポイント増の44.4%だった。

これまでにインターンシップに参加したことがある割合
これまでにインターンシップに参加したことがある割合

 現在、自身の就活準備がどれくらいできているかを、100点満点で自己採点してもらったところ、「21点~40点」(40.5%)がもっとも多く、「0~20点」(27.0%)がそれに続いている。なお、平均点は30.7点だった。

現在の自身の就活レベル
現在の自身の就活レベル

 就活準備の自己採点と、希望するインターンシップの期間をかけあわせると、自己採点が低いグループは短期プログラムを望む傾向にあり、自己採点が高いグループは長期プログラムの希望が多い。

「自己採点就活準備レベル」×「参加したいインターンシップの期間」
「自己採点就活準備レベル」×「参加したいインターンシップの期間」

 社会人になったときの理想の働き方を尋ねた質問では、リモートワークの利用希望が73.8%(「自身の都合に合わせて出社かリモートワークかを選べるとよい」(53.1%)と「シフト制で出社とリモートワーク併用がいい」(20.7%)の合計)に達している。

社会人になったとき、どのような働き方が理想か
社会人になったとき、どのような働き方が理想か

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0