SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

大修館書店、高等学校向けオンライン型探究教材「アクチュアル」を2022年4月にリリース、オンラインセミナーも開催

 大修館書店は、高等学校向けのオンライン型探究教材「アクチュアル」を、2022年4月にリリースする。リリースに先駆けて、2021年8月には「アクチュアル」の詳細を紹介するための連続オンラインセミナーを開催する。

 「アクチュアル」は、高等学校新指導要領全面実施によって必修化される「総合的な探究の時間」に対応するオンライン教材。授業の流れだけでなく評価規準も明示した授業展開案付きの単元(探究教材)を20本以上用意しており、準備に多くの時間を割かれることなく、探究に取り組める。

「アクチュアル」の画面イメージ
「アクチュアル」の画面イメージ

 教材は最初に短いコマ数でコツや考え方を身につけるところから始めて、徐々に探究を本格化・高度化させていく構成になっている。

 教員は、オンラインのLMSで生徒1人ひとりの活動状況を手間なく確認可能で、生徒が探究に取り組んだ履歴はすべてLMS上に保存され、ポートフォリオ化されていくので、入試に向けた志望理由書や活動報告書を、容易に作成できる。

 教材の提供や、教員・生徒間でのワークシートのやり取りは、すべてオンラインで行われるため、遠隔授業・ハイブリッド授業を実施することになった場合でも、学びを止めることなく探究に取り組み続けられる。

 そのほか、「アクチュアル」の発表を記念して、8月1日・22日・29日の3回にわたって、Zoomを使用した連続オンラインセミナーを開催する。第1回(8月1日13時~15時30分)では、「アクチュアル」の内容紹介とともに、現場の教員でもある編集委員が各校での探究の取り組みについての紹介を行う。第2回以降(22日13時~14時40分、29日13時~14時40分)は、ワークショップ形式で参加者による「アクチュアル」教材を実際に体験する機会を提供する。

 いずれも参加対象は高等学校・中高一貫校・教育委員会の教員など学校関係者限定で、参加費は無料。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/5981 2021/07/09 17:05

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング