EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

新型コロナウイルスがゼミやサークルなど課外活動に影響、就活の自己PRが難しい状況に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/12 17:15

 学情は、2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に実施した、「就職活動の自信」に関する調査結果を5月11日に発表した。同調査は、学情が運営するダイレクトリクルーティングサイト「あさがくナビ2022」への来訪者に対して4月19日~28日の期間に行われ、567名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、新型コロナ禍で「ゼミ・研究会」や、「サークル」「ボランティア」「アルバイト」など課外活動に影響があったかを尋ねたところ、「ほとんど活動できなかった」「あまり活動できなかった」という回答が77.1%に達した。

 学生からは「ゼミは大半がオンラインでの実施で、活発な議論はできなかった」「ゼミも授業も1年間オンラインだったので、実家に帰省していた」「接客のアルバイトで、3年生のときにアルバイトリーダーを目指していた。コロナ禍でシフトに入ることもできずに就職活動を迎えてしまい、不安に感じている」「サークルやボランティアは活動中止になった。就職活動で、自己PRできることが少なく困っている」といった声が寄せられている。

 就職活動に不安を感じているかを尋ねた質問では、「不安を感じている」という回答が90.1%に達した。

 学生からは「コロナ禍で、情報収集する機会が減っている」「コロナ禍でサークルやアルバイトができず、自己PRが難しい。一次選考を通過できないことも多い」「友だちともなかなか会えないので、情報交換が難しい」といった声が寄せられている。

 就職活動で不安に感じていることとしては、「志望する企業から内定を獲得できるか不安」(55.4%)がもっとも多く、「自分に合う企業がわからない」(51.7%)、「志望理由の作成が難しい」(42.3%)、「選考に通過できない」(41.7%)がそれに続いた。

 学生からは「選考に通過できず不安を感じている」「直接企業に訪問できる機会が少ないので、志望理由も作りにくい」といった声が寄せられている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0