EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

N中等部、追加費用なしで「Adobe Creative Cloud」が利用可能に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/08 07:00

 角川ドワンゴ学園 N中等部は、アドビが提供する「Adobe Creative Cloud小中高校向けユーザー指定ライセンス」を採用したことを、4月26日に発表した。これにより、生徒は追加費用なしで「Adobe Creative Cloud」を利用できる。

 「Adobe Creative Cloud小中高校向けユーザー指定ライセンス」は、角川ドワンゴ学園が運営するN高等学校が国内第1号の採用校として2018年6月より導入し、2021年4月からはS高等学校でも使われている。この度、N中等部でもアドビとのパートナーシップ締結により利用可能となった。ライセンスの費用は角川ドワンゴ学園が負担するため、生徒は追加費用なしで使うことができる。

 角川ドワンゴ学園では将来、社会に出てから利用する可能性の高いツールを活用する機会を数多く提供することで、中学生のうちからICTリテラシーを高めることを目指している。

 N中等部の生徒は、角川ドワンゴ学園が提供する基礎的なPCスキルを身につけるためのドリル型教材「ものづくりパスポート」や、実際に手を動かしてICTリテラシーを身につけるワーク型の授業「情報リテラシー」などを通じて、「Adobe Creative Cloud」の基本的な使い方を学ぶことができる。その後は、授業における提出物の制作や、ネット部活「美術部」、その他の同好会における創作活動、個人の創作活動での利用を想定している。

「Adobe Creative Cloud」活用例 「Adobe Creative Cloud」活用例

「Adobe Creative Cloud」活用例

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0