SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

N中等部、追加費用なしで「Adobe Creative Cloud」が利用可能に

 角川ドワンゴ学園 N中等部は、アドビが提供する「Adobe Creative Cloud小中高校向けユーザー指定ライセンス」を採用したことを、4月26日に発表した。これにより、生徒は追加費用なしで「Adobe Creative Cloud」を利用できる。

 「Adobe Creative Cloud小中高校向けユーザー指定ライセンス」は、角川ドワンゴ学園が運営するN高等学校が国内第1号の採用校として2018年6月より導入し、2021年4月からはS高等学校でも使われている。この度、N中等部でもアドビとのパートナーシップ締結により利用可能となった。ライセンスの費用は角川ドワンゴ学園が負担するため、生徒は追加費用なしで使うことができる。

 角川ドワンゴ学園では将来、社会に出てから利用する可能性の高いツールを活用する機会を数多く提供することで、中学生のうちからICTリテラシーを高めることを目指している。

 N中等部の生徒は、角川ドワンゴ学園が提供する基礎的なPCスキルを身につけるためのドリル型教材「ものづくりパスポート」や、実際に手を動かしてICTリテラシーを身につけるワーク型の授業「情報リテラシー」などを通じて、「Adobe Creative Cloud」の基本的な使い方を学ぶことができる。その後は、授業における提出物の制作や、ネット部活「美術部」、その他の同好会における創作活動、個人の創作活動での利用を想定している。

「Adobe Creative Cloud」活用例 「Adobe Creative Cloud」活用例

「Adobe Creative Cloud」活用例

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/5631 2021/05/08 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング