SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

町田市と凸版印刷、全市立小・中学校で学習者用デジタル教科書と教材プラットフォームを活用する取り組みを開始

 東京都町田市は、凸版印刷とICT教育に関する包括連携協定を3月24日に締結した。凸版印刷のグループ会社で、教科書や教材を発行している東京書籍とも連携する。

 町田市は、 同市が目指す教育の姿を実現するべく、2019年2月に「町田市教育プラン2019-2023」を策定し、『学ぶ意欲を育て「生きる力」を伸ばす』『充実した教育環境を整備する』『家庭・地域の教育力を高める』『生涯にわたる学習を支援する』を基本方針に掲げ、取り組みを進めている。

 凸版印刷は、2015年からICTを活用した学習支援システムを提供しており、町田市と凸版印刷はこれまでも教育のデジタル化の促進・教育の充実のための取り組みを進めてきた。今回の協定は、これをさらに発展させるべく締結された。

 取り組みは町田市内の全市立小・中学校が対象で、具体的な施策として凸版印刷が2021年4月から提供開始するデジタル教材プラットフォーム「navima(ナビマ)」の学習支援コンテンツと、東京書籍が提供する学習者用デジタル教科書を活用・連携させ、主体的な学びと習熟度の関係、児童生徒の学力向上に寄与する教材、情報や知見の共有による教員や学習者の課題改善などを明らかにしていくとしている。その他の具体的な内容は今後協議の上で決定する。

 町田市と凸版印刷は、今回の学習者用デジタル教科書とデジタル教材プラットフォームの活用をもとに、全国のモデルとなるような活用方法を発信していきたいと述べている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/5396 2021/03/25 14:03

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング