EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

「最高のオンライン授業のつくり方」とは? 離れた世界をつなぐコツ【慶應義塾大学 井庭崇教授によるパターン・ランゲージ】

「最高のオンライン授業のつくり方」オンライン・セミナー レポート【前編】

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/13 07:00

 コロナ禍のもと、あらゆる学校でオンライン授業が行われ、授業の組み立て・運用に試行錯誤した方も多いだろう。いまだ苦戦している人も多い一方、オンライン授業のメリットも明らかになりつつあり、うまく活用する方法が研究・模索されている。慶應義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス)総合政策学部の井庭崇教授もその1人。研究室のプロジェクト・メンバーである学生と、数十人の教員にインタビューを行うとともに、自らの試行錯誤・試みから得られた知見やコツを交え、パターン・ランゲージのかたちにまとめた。今年春にオンラインで行われた成果発表の内容について、前後編にわたって紹介する。前編では「離れた世界をつなぐ」ためのパターンを紹介する。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー(最新順)

連載:イベントレポート(オンライン教育)

著者プロフィール

  • 伊藤 真美(イトウ マミ)

    エディター&ライター。児童書、雑誌や書籍、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ライティング、コンテンツディレクションの他、広報PR・マーケティングのプランニングも行なう。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0