SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

2022年卒学生への内々定出しは前倒し傾向、採用予定数は前年並みが最多【マイナビ調査】

 マイナビは、「マイナビ2022年卒 企業新卒採用予定調査」の結果を3月17日に発表した。同調査は、新卒採用実績のある国内企業を対象に、2月1日~20日の期間に行われ、2142社から有効回答を得ている。

 調査対象の企業に、2022年卒学生の採用スケジュールを尋ねたところ、「エントリー受付」「個別企業セミナー」「ES(エントリーシート)結果通知」「面接」を3月に開始する企業がもっとも多く、「内々定出し」は4月開始が最多となった。

 2021年卒の実績と比較すると、3月から5月に「内々定出し」を開始する割合は2022年卒が2021年卒を上回り、6月は2021年卒を下回っている。

22年卒採用スケジュール(各フェーズの開始時期)
22年卒採用スケジュール(各フェーズの開始時期)
「内々定出し」開始時期
「内々定出し」開始時期

 新卒採用予定数は、「前年並み」が大学(文系)で57.0%、大学(理系)で59.1%、大学院(理系)で48.3%と、いずれの属性でも最多となった。

採用予定数(前年調査との比較)
採用予定数(前年調査との比較)

 新卒採用を実施する理由としては、「組織の存続と強化(活性化)」(70.0%)、「年齢など人員構成の適正化」(59.4%)が上位を占めている。

新卒採用を実施する理由
新卒採用を実施する理由

 質・量の優先度について尋ねた質問では、大学(文系/理系)、大学院(理系)のすべての属性で約9割が「質を優先」としており、「質」にこだわる傾向が高まる傾向がみられる。

質・量の優先度
質・量の優先度

 新卒採用における「質」について、具体的に尋ねたところ、「カルチャーフィット(価値観のマッチング、自社に対する熱意など)」「人柄(対人スキル、素直さや誠実さなど)」を挙げる回答が多かった。

人材を見極める際に重視すること
人材を見極める際に重視すること

 新卒採用における「ジョブ型雇用」導入の賛否について尋ねた質問では、「どちらともいえない」(59.7%)がもっとも多い。

「ジョブ型雇用」の導入に賛成か反対か
「ジョブ型雇用」の導入に賛成か反対か

 ジョブ型雇用の導入に関する検討状況としては、「導入を検討したことがない(議題としてあがったことがない)」が64.5%を占めている。一方で、導入するかを検討している割合が13.0%に達しており、一部の企業では「ジョブ型雇用」の導入について議論されていることが明らかになった。

「新卒採用」において「ジョブ型雇用」の導入を実施もしくは検討しているか
「新卒採用」において「ジョブ型雇用」の導入を実施もしくは検討しているか
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/5353 2021/03/18 15:05

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング