EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

新型コロナ禍で学生の公務員志望が上昇、とりわけ地方公務員が人気

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/08 14:55

 マイナビは、公務員志望の状況についてまとめた「マイナビ2022年卒公務員イメージ調査」の結果を、3月4日に発表した。

 同調査は、「マイナビ2022」全会員に対して1月18日~2月8日の期間に行われ、3081名(文系男子:495名、文系女子:1423名、理系男子:499名、理系女子:664名)から有効回答を得ている。

 調査結果によれば、従来は減少傾向にあった公務員志望者が新型コロナウイルス感染症の影響で増加に転じ、公務員を就職先として「考えている」学生が前年比2.1ポイント増の23.3%となった。

 新型コロナウイルス感染症の影響による、自身の公務員志望度の変化について尋ねたところ、「志望度が上がった」(32.4%)が、「志望度が下がった」(13.2%)を上回っている。

 公務員志望の理由としては、「安定している」が最多だが、社会貢献度の高さや地域に密着した仕事ができるといった項目が前年よりも上昇。新型コロナ禍が公務員志望割合を押し上げる一因になっていることがうかがえる。

 就職先として公務員を「考えている」学生に、志望している公務員の種類を尋ねた質問では、「地方公務員(市区町村)」(67.0%)、「地方公務員(都道府県庁)」(52.1%)が2年連続で上昇する一方で、「国家公務員(総合職)」や教員は2年連続で志望割合が減少した。

 各公務員のイメージでも、2020年に労働環境の改善提言が提出されたという報道があった国家公務員では「きつそう(どちらかというと含む)」の割合が前年比6.4ポイント増の60.2%となっている。

 就職先として公務員を「考えている」学生に、「公務員志望に影響を与えた人物」を尋ねたところ(複数回答)、「父親・母親」(48.1%)がもっとも多く、「友人」(16.5%)、「兄弟・姉妹」(6.3%)、「親戚(祖父母含む)」(10.2%)といった身内や友人も前年調査の結果を上回った。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0