EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2017」を11月5日に開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/10/31 16:05

 ヒト型レスキューロボットコンテスト実行委員会は、「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2017」を、11月5日に大阪電気通信大学の駅前キャンパスで開催する。観覧は無料。

 「ヒト型レスキューロボットコンテスト」は、ヒト型ロボットによる災害救助をテーマにしたコンテスト。ヒト型ロボットを遠隔操縦して、フィールド内で「トンネルくぐり」「段差乗り越え」「ガレキ除去」「要救助者搬送」のタスクを順に実行し、成功したタスク数やタスク達成の所要時間を競う。

 要救助者を「やさしく」救助することも重視されており、いかに「やさしく」救助するかも評価ポイントとなっている。今回のエントリ数は17台で、学生から社会人まで幅広い競技者が参加する。

OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2017
「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2017」参加ロボット

 また、現実の被災地を想定し、競技者がフィールドに入らず、ロボットの搭載カメラの映像のみを頼りに遠隔操縦する「搭載カメラ部門」には8台がエントリしている。

 開催日時は11月5日12時~17時。会場は大阪電気通信大学・駅前キャンパス・1階・101号室。

 なお、当日は科学技術体験型イベント「第10回 テクノフェアinねやがわ」と、大阪電気通信大学の「第57回大学祭」も同時開催する。


【関連リンク】
「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2017」
「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2017」インターネット中継



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0