EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ICTをフル活用しているのに、なぜ手書き? 勉強ノートの力

あなたが大切にすることは何ですか? これからの「塾」を考える 第2回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「学び」の形が大きく変わろうとしている時代、塾のあり方も変化しつつあります。この連載では塾を運営する方々に、1つのテーマについて、ご自身の経験を踏まえて語っていただきます。第2回のテーマは「手書き」。「なりたい自分に出会える塾」がコンセプトの塾「C.school」では、複数のICT教材を活用し、もちろんタブレットも完備しています。それでも、手書きの「勉強ノート」を大切にしているそうです。塾長を務めるのは教員経験もある風間亮さん。「手書き」にこだわる理由を語ります。(編集部)

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 風間 亮(株式会社Bee 代表取締役/C.school 塾長)(カザマ リョウ)

     慶應義塾大学理工学部卒業後、NTTコミュニケーションズ株式会社クラウドサービス部にて海外グループ会社を担当。その後、認定NPO法人Teach For Japanのフェローとして福岡県の中学校に赴任。学校法人およびNPO法人でのマーケティング担当を経て、現在は「子どもたちの主体的な進路選択の実現」を...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0