Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

シンギュラリティをテーマにした小集団アクティブラーニングを10月21日に実施

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/10/10 16:35

 株式会社わは、tyotto Inc.が運営する予備校Withdomにおけるキャリア教育プログラム「プログレスタイム」を、小学生~高校生が対象の個別指導学院Hero'sの全国230校舎に導入した。第1弾は「シンギュラリティ」がテーマで、10月21日14時~15時にHero's内田橋校(愛知県名古屋市)で実施する。参加費は無料。

 「プログレスタイム」は、高校生を対象にした予備校Withdomにおいて、週に一度のペースで実施されている独自のキャリア教育プログラム。

 学習形態は、小集団アクティブラーニング型で、AI、グローバル化といった未来の社会に関するテーマや、労働や貧困といった比較的身近なテーマなどを幅広く学ぶ。

 テーマに対して思考し表現することや、グループワークでの他者との関わりを通して、協働性を身につけるなど、2020年の新しい入試で求められる人間力が養える。

 10月21日のHero's内田橋校における「プログレスタイム」では、シンギュラリティをテーマに未来の社会について、グループワークを通じて自由に発想・議論する。参加には事前申し込みが必要で、塾生でない外部生でも参加できる。


【関連リンク】

tyotto Inc.

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0