EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

アルク、ARを組み合わせた未就学児向け英語学習サービス「りすぴこ」の提供を開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/21 12:55

 アルクは、未就学児向けサブスクリプション型英語学習サービス「りすぴこ」の提供を、7月20日に開始した。

 「りすぴこ」は、専用アプリを用いたタブレット学習と、ARテクノロジーを活用してぬいぐるみと楽しく英会話体験ができる、「学び」と「経験学習」を一体化した英語学習サービス。

 専用アプリでは、「アルファベット」「単語」「会話表現」「歌」「物語」「ARテクノロジーを用いたぬいぐるみとの英会話」といった、バラエティ豊かなコンテンツを通じて英語を学べる。

「りすぴこ」アプリの画面イメージ
「りすぴこ」アプリの画面イメージ

 また、ゲーム要素を学習に取り込むゲーミフィケーションが盛り込まれており、3つのコンテンツをやり遂げるごとにアプリ内でジグソーパズルのピースを1つ獲得することが可能で、パズルを完成させるために「英語をもっと聞いて声に出してみよう」という気持ちを育むことができる。

 カリキュラムやコンテンツは、「アルクKiddy CAT英語教室」で使用されているものを元にしており、未就学児に身近な「場面」をベースとしたカリキュラムに沿って、単語から会話表現まで「使える」英語を身につけられる。

 ARテクノロジーを活用したぬいぐるみとの英会話機能では、未就学児が身につけたい英語でのやり取りを、ARテクノロジーに対応した「ぬいぐるみ+AR対応カード」とあわせて活用することで体験することが可能で、自宅にいながら学習した内容を応用して、英語でやり取りする力を育める。

ARテクノロジーを活用したぬいぐるみとの英会話イメージ
ARテクノロジーを活用したぬいぐるみとの英会話イメージ

 提供コースは、英語学習がはじめての子ども向けの「りすぴこOrange」と、英語に触れた経験がある子ども向けの「りすぴこBlue」を用意しており、両コースとも12か月構成のプログラムを1か月あたり1ステージずつ学んでいく。

 税別の月額料金は、「りすぴこOrange」が1980円、「りすぴこBlue」が2180円で、どちらのコースも初月のみ980円とスターターキットの料金5000円(どちらも税別)が別途必要。

 なお、「りすぴこ」の提供開始にあわせて、Instagramでアルクキッズのアカウントをフォローするか、キャンペーンページでの申し込みによって、iPadとApple Pencilが抽選で計5名に当たるプレゼントキャンペーンを実施している。応募締め切りは、Instagramでの応募が8月17日、キャンペーンページでの応募が8月31日。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0