Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

セガトイズ、天井に動く絵本を映すプロジェクター「Dream Switch」を限定発売、先行モニター募集も

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/09/14 13:15

 セガトイズは、寝室の天井に動く絵本を映しだす子ども向けのプロジェクター「ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ Dream Switch」を、11月9日に店舗限定で発売する。税別価格は1万4800円。

利用イメージ
「Dream Switch」の利用イメージ

 「Dream Switch」は、「ピーター・パン」「アナと雪の女王」といった、講談社のディズニーゴールド絵本シリーズ30冊分の物語を動く絵本化して収録したプロジェクター。

 絵本に登場するキャラクターや背景が天井に映しだされ、眠りを誘う絶妙なスピードでゆっくりと動くとともに、BGMとゆったりとしたナレーションも収録している。また、約10分間の物語の前後には、ミッキーマウスが登場して「今日はどんな夢がみられるかな」「さぁ、目をつむってみて。おやすみなさい」などと、子どもと約束する仕掛けも導入し、子どもが自ら寝ようとする自主性を促す。

 動く絵本以外にも、ディズニーの星座やヒツジ数えなどのエンターテインメントコンテンツ、あいうえおやアルファベットを学べる知育コンテンツも収録しており、コンテンツ数は計50種類となっている。

 絵本による読み聞かせとは異なり、絵本を持たずにリモコンで操作できるので、子どもと自由にスキンシップしながら寝る前の時間を楽しめる。また、音声をオフにして字幕モードでの映写も可能なので、親自身の声による読み聞かせもできるようになっている。

 投影範囲は幅1×高さ1mで、最適投影距離は2m。対象年齢は3歳以上で、電源は単4形アルカリ乾電池×2本。

Dream Switch
「Dream Switch」本体

 このほか、抽選で20組の親子を対象にした先行モニターキャンペーンを実施する。国内在住の3歳~8歳の子どもを持つ人が対象で、応募にあたっては、使用後のアンケートへの回答や使用時の写真の提出など、いくつかの条件を満たす必要がある。応募締め切りは10月19日23時59分で、モニター期間は11月1日~14日。


【関連リンク】
セガトイズ
「Dream Switch」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0