EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

変化が求められる教育界で、「変わらない」理由とは――Libryの後藤匠氏が目指す、ICT教育と先生の理想の関係

EdTechビジョナリーインタビュー 第12回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/12 07:00

 昨年発表された「GIGAスクール構想」をはじめ、教育界が大きな転換機を迎えている一方、現場は限られたリソースで、その変化に対応しなければならない。そうした中で効果を発揮するのが、ICTを活用した個別最適化学習だ。中でもデジタル問題集「リブリー」は、既存の問題集をデジタル化する、「これまでの勉強を極力『変えず』に、学習を効率化」というコンセプトで中・高500校以上に提供されており、注目を集めている。変化が求められる中で、「変わらない」というコンセプトを掲げる意図は何なのか。株式会社Libry 代表取締役CEO 後藤匠氏に開発経緯や現在の取り組み、そして今後の展望についてお話を伺った。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー(最新順)

連載:EdTechビジョナリーインタビュー

もっと読む

著者プロフィール

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0