Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

アフレル、家庭学習向けプログラミング教材のクリスマスキャンペーンを実施

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/15 18:50

 レゴ エデュケーション正規代理店のアフレルは、家庭学習向けレゴ ロボットプログラミング教材のクリスマスキャンペーンを12月25日まで実施している。

 アフレルは、「レゴ WeDo 2.0 for home by アフレル」と「教育版レゴ マインドストーム EV3 for home by アフレル デビューセット」に、ギフトラッピングやレゴグッズなど期間限定の特典が付くキャンペーンを実施する。

 「レゴ WeDo 2.0 for home by アフレル」は、レゴ WeDo 2.0の基本的な使い方からプログラムの作り方、アイコンの説明など、家庭での学びをサポートするガイド1冊とワークブック6冊がセットになっている。加えて、オリジナルモデルの組み立て図、基本・応用課題、学習意欲が高まるワークシートなども含まれている。対象年齢は5歳からで、標準価格が税込み3万5970円。特典として購入者全員にレゴグッズやクリスマス限定のラッピング、クリスマスギフトカード、ソフトウェア内にも登場する「マックス&ミアのミニフィグ」や組み立てモデル科学探査機マイロをミニサイズにした「ミニマイロ」の他、持ち運び用の「LEGO ハンドキャリーボックス」が含まれている。

 また、「教育版レゴ マインドストーム EV3 for home by アフレル デビューセット」は、EV3ソフトウェアでの基本的なプログラムの作り方から、複雑なプログラミング処理まで、家庭での学びをサポートするテキストや、オリジナルモデルの組み立て図、発展・応用課題も含まれたセット。対象年齢は10歳からで、標準価格が税込み6万9630円となっている。こちらの特典はクリスマス限定ラッピングとクリスマスギフトカードの他、おもちゃや小物入れに使える「LEGO ストレージBOX」や、オリジナルワークブック8冊が購入者全員に贈られる。ワークブックは算数を学ぶことができるものや音楽づくりを通してプログラミングを学ぶものなどが含まれており、様々なモデルづくりや課題を通して「ロボット機構」「プログラミング」への理解と創造力を高める。

 キャンペーンの対象は12月25日注文受付分まで。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0