Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

学生が主体のLoohcs高等学院、オープンキャンパスが11月17日に開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/08 17:15

 Loohcs高等学院は、2020年度入学希望者を対象とするオープンキャンパスを11月17日に開催する。

 今年4月に開校した同校は、教科ではなく、学問として幅広い選択科目から授業を選ぶことができる。学校から提示されたカリキュラムをこなす「先生主体」の授業ではなく、学生自らが、学びたい先生から学びたい学問を学ぶ「学生主体」の教育を行っている。また、「社会の第一線で活躍している大人」を講師として招き、学生たちに最新の情報や仕事に触れる機会を提供している。

既存の担任制(先生主体)ではなく、選択制(学生主体)の学校教育
既存の担任制(先生主体)ではなく、選択制(学生主体)の学校教育

 オープンキャンパスは、「自分たちの学校」という意識が強いL高生の中でも「やるからには絶対におもしろいオープンキャンパスにしたい!」という思いがある有志が集まり、企画から当日の運営まで学生が中心となって進められる。

 開催日時は11月17日の14時から17時で、会場はLoohcs高等学院(東京都・渋谷区)。当日の流れとしては、体験授業や学校説明、学生の活動発表、受験説明のあと座談会も行われる(希望者のみ)。参加対象者は中学3年生・高校1年生とその保護者となっており、参加には事前の申し込みが必要。

 また、2020年4月入学の学生募集もすでに開始している。入学対象は新高校1~3年生で、定員は15名。前期入試出願の締め切りは1月14日(必着)となっている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0