Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

OWW、特別支援学校で遠隔職場実習を実施、通勤が困難な生徒が在宅勤務を体験

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/16 18:00

 OKIワークウェル(以下、OWW)は、9月30日~10月4日の5日間、熊本県立松橋支援学校にて、高等部普通科の生徒を対象に「会社に行かない働き方(在宅勤務)」を体験する遠隔職場実習を実施した。

 今回の遠隔職場実習ではOWWの社員が講師を務めた。講師となった社員は重度障害があり、通勤が困難。こうした自らの経験を活かし、自宅からネットワーク経由で、在宅勤務において重要なコミュニケーションなどのビジネススキルと、文書作成技術などのITスキルについて、実習を交えた指導を行った。参加した生徒2名は、講師とコミュニケーションをとりながら、在宅で働く体験をした。

 実習を通じて、在宅勤務社員からは「在宅勤務という働き方だってある」「社会性、コミュニケーション能力を身に付けて欲しい」というメッセージが伝えられた。また、参加した生徒2名からは「卒業後は働きたいので、残りの高校生活でパソコンの専門知識を学んでいきたい」という感想が聞かれた。

 2004年より開始したOWWによる特別支援学校向けの遠隔職場実習参加者は、延べ160名を超えている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0