Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

「学習履歴分析(LA)は教育にどう役立つか?」eラーニングアワードにて開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/09 19:00

 11月13日~15日に開催する「eラーニングアワード 2019 フォーラム」では、13日に「教育ビッグデータ・ラーニングアナリティクストラック」を開催する。

 教育ビッグデータの分析手法に関する研究が盛んになってきているが、教育現場の管理者や担当者にとって、教育ビッグデータをどう利活用できるかは明確ではない。

 そこで、同公演では先進的な研究や実践例を通して、3種類のドメインで教育ビッグデータの活用方法や知見の獲得方法の現状、今後の問題点について議論する。

 講演者は上智大学理工学部情報理工学科 田村恭久教授、パリデジタル大学 John Augeri氏、エキスパート科学研究所代表取締役 平田謙次氏。

 講演日時は11月13日14時~15時50分で、場所は御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターとなっている。参加費は無料だが、事前申し込みが必要。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0