Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

千葉大学、学生主体の24時間授業開発アイデアソン「Planners' Cup 864」を開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/08/07 16:00

 千葉大学教育学部・授業実践開発研究室(藤川研究室)と、藤川大祐教授が理事長を務める企業教育研究会は、学生が主体となって24時間の制限時間内で授業づくりの腕を競うアイデアソン「Planners' Cup 864」を、8月21日に共同開催する。

 「Planners' Cup 864」は、これまで企業との授業の開発において、授業の実践について練習する場は多くあったものの、授業の開発に関する練習・シミュレーションを行う場がなかったことから、連携可能性企業を見据えた授業づくりのシミュレーションの場を設け、学生の今後の授業づくりの練習の機会として企画された。

 アイデアソンでは、企業教育研究会の学生プランナーが、86400秒=24時間の制限時間内で、授業づくりの腕を競い、企画書と公開プレゼンテーションによる審査によって優勝チームが決定する。開発された授業案は、「千葉授業づくり研究会」として一般に公開される。

 開発テーマは、「地方創生」「金融」「プログラミング」で、連携企業の業界を考えながら、それぞれのテーマを研究領域とする大学院生のアドバイザーとともに、授業を企画する。また、千葉と関西支部の企業教育研究会学生プランナーが、専門・学部・大学・地域を超えてコラボレーションを行う。

 開催日時は8月21日9時~8月22日18時30分。参加学生は千葉大学、敬愛大学、兵庫県立大学の22名。参加費は無料。

 なお、「Planners' Cup 864」の公開審査会である「千葉授業づくり研究会」は、8月22日16時~18時30分に、千葉大学教育学部棟2号館2階2205教室(千葉県千葉市)で行われる。参加費は無料。


【関連リンク】
千葉大学
企業教育研究会

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0