Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

ワコム、独創性に優れた教育向けアプリ開発コンテスト「インカソン」を開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/10 15:55

 ワコムは、“EdTechの進化を、デジタルインクで加速しよう”をテーマに、独創性に富んだ教育アプリの開発を促進する「インカソン(Inkathon)」を開催する。

インカソン

 「インカソン」の応募資格は、「WILL」のSDKを使ってデジタルインクや手書き入力を活かしたアプリを開発するスタートアップ企業やアプリ開発協力企業、学生、フリーランサー、イノベーターのグループなど。募集期間は10月15日まで。

 9月17日に紀尾井コンファレンス(東京都千代田区)で行う「ミートアップ(説明会)」では、同社の提供するデジタルインク技術「WILL」の技術的説明とともに、EdTech推進に意欲的に取り組んでいるデジタルハリウッド大学・大学院の佐藤昌宏教授、工学院大学附属中学校・高等学校の髙橋一也教頭などによる、教育現場における課題についての講演が行われる。さらに、ワコムの社長兼CEOである井出信孝氏が、今回のインカソンに対する期待などについて語る。

 応募者を対象にメンタリングなどを実施し、提出された試作アプリを審査する。10月下旬には事務局で審査を行い、ファイナリスト数点を選出し、11月4日にはEdTechイベント「Edvation × Summit 2019」会場において、ファイナリストによるプレゼンテーションを実施する。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0