Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

ロボット×紙工作で子どもの創意工夫を引き出す、「toio」のワークショップが開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/30 11:05

 ソニーは、3月に発売したキューブ型のロボットトイ「toio(トイオ)」を使ったワークショップ「【ロボット×紙工作!?】ゲズンロイド工作会~最先端の紙工作を楽しもう~」を9月14日に、体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」(東京都港区)で開催する。参加費は無料(※別途入館料が必要)。

 toioは、おもちゃのブロックや紙の工作物をキューブに乗せて、自由に動かせるロボットトイ。「toioコンソール」と、丸いリングの形をしたコントローラー「toioリング」、キューブ型ロボット「toioコア キューブ」で構成され、さまざまなジャンルの専用タイトルと組み合わせて、アクションゲームやパズルゲーム、プログラミングを使ったおもちゃの創作・操作を楽しむことができる。

 本ワークショップでは、toio専用タイトル「工作生物 ゲズンロイド」を使用して遊ぶ。 自分で作成した紙工作を「toioコア キューブ」にのせ、プログラムを読み込むことで、本物の生き物のように動くおもちゃを作り出すことができる。また、すでに登録されている生物に加え、オリジナル生物を作成することも可能。

 開催日は9月14日。時間は12時から14時と、15時から17時で、各回定員は8名までとなっている。会場はソニー・エクスプローラサイエンス内の「スタジオSES」。6歳以上を対象としており、必ず保護者の同伴が必要。

 なお、参加には事前の申し込みが必要で、下記の応募ページより可能。申込期間は9月5日の12時から各回開始10分前までで、定員に達した場合はその時点で受付を終了する。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0