Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

DataRobot、教育機関向けデータサイエンティスト育成プログラムの提供を開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/19 16:24

 米DataRobotは、実ビジネスで即戦力となるAI人材の育成支援を目的とした、教育機関向けAI人材育成教材の提供と、新体系のエデュケーショナルライセンスの一般提供を7月に開始している。

 同社は、約3年前から学生および社会人におけるデータサイエンティストの育成を重視し、ハーバード・ビジネス・スクールやINSEADビジネススクールといった世界的名門校に対して、DataRobotライセンス、教材マテリアル、データセットおよび付随するビジネスケースなど、教育現場のニーズに合わせたコンテンツを提供してきた。

 日本国内では、東京大学、滋賀大学、グロービス経営大学院といった、データサイエンティストの育成に早くから取り組んできた先端教育機関での、データサイエンス教育プログラムの開発も支援している。

 同プログラムにおける大きな特徴は、データサイエンスを教える教員を対象にしたトレーニング、サポートが含まれることで、データサイエンスを学ぶコンテンツの提供とともに、教員にも実ビジネスで活躍するデータサイエンティストと同様のノウハウが学べる機会を提供する。

 同プログラムは、DataRobotが蓄積してきたノウハウを、幅広い人材育成のために提供可能な、革新的かつ包括的な教育支援プログラムとなっている。

 対象は、大学・大学院・ビジネススクールといった高等教育機関、ビジネス現場での応用力を主眼に置いたコース・データサイエンティスト育成コースなどで、利用にあたっては講師の適性や授業の目的に関する選考条件がある。パッケージ価格は1万2000米ドルから。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0