Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

ティエラコムの中高生向け個別教室、「能開個別AIホロン」へ完全移行

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/06/12 15:31

 atama plusは、ティエラコムが運営する個別指導教室の全43教室における中高生向けのすべての従来型個別指導が、atama plusの提供するタブレット型AI教材「atama+(アタマプラス)」を活用した人工知能型個別指導「能開個別AIホロン」へと完全移行したことを、6月11日に発表した。

 「atama+」は、生徒1人ひとりの「得意」「苦手」「伸び」「つまずき」「集中状態」などのデータを「アタマ先生」と名づけられたAIが分析し、それぞれに合った「自分専用レッスン」をつくることで学習を効率化するタブレット型AI教材。

 「能開個別AIホロン」は、「atama+」を用いたティエラコムが運営する個別教室で、これまで展開してきた個別教室の教材に「atama+」を導入することで、AIによるオーダーメイド教材と教育コーチのサポートで生徒の学力を引き上げる「人口知能型個別指導」を目指す。

 対象教科は数学、英文法・語法、物理、化学で、AI教材のほか国語トレーニング講座、論理力養成講座、理社演習講座、英文読解多読レッスン、英検対策講座などの特別講座および各種模試、合宿教育を実施していく。

 ティエラコムは、2017年(平成29年)の冬期講習から試験的に「atama+」の体験受講を開始しており、その後「atama+」を利用した受講生の声や実際の成績向上を受けて、2018年(平成30年)9月に「atama+」の本格導入を開始するとともに、これまでの講師による個別指導コースに加えて、「人工知能型個別指導」を開講してきた。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0