EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

N高等学校、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンや日本マイクロソフトとのプログラミング特別授業「Unityを使ってHoloLensアプリを開発しよう!」を実施

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/20 17:35

 カドカワが開校した角川ドワンゴ学園「N高等学校」(N高)は、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの石井勇一氏と、日本マイクロソフトの高橋忍氏をゲスト講師に招き、プログラミング特別授業「Unityを使ってHoloLensアプリを開発しよう!」を、8月3日にN高・代々木キャンパスで実施する。

 日本マイクロソフトのプラットフォームエバンジェリストである高橋忍氏は、「Mixed Realityがもたらす新しい世界Microsoft HoloLens」と題して基調講演を行う。

 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンのエデュケーションアカウントマネージャーである石井勇一氏は、マルチプラットフォーム統合開発環境「Unity」を使った、ホログラフィックコンピュータ「Microsoft HoloLens」向けアプリケーション制作のハンズオンセミナーを実施する。

 ハンズオンセミナーでは、高度で複雑な3Dグラフィックに関する知識やプログラミング経験のない高校生でも、「Microsoft HoloLens」向けアプリケーション開発を体験できる。また、この授業をきっかけに、10月に本選が行われるゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2017」出場への足がかりとする。

 開催日時は8月3日13時~17時で、参加者はN高生30名。


【関連リンク】
カドカワ
N高等学校
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン
日本マイクロソフト



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0