Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

サイトビジット、AIによる試験出題予測サービス「未来問」の無料提供を開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/26 13:05

 サイトビジットは、5月19日の司法試験予備試験短答式試験に向けて同社が開発した、AIによる試験問題出題予測サービス「未来問(みらいもん)」の無料提供を、4月29日10時に同社が運営するオンライン学習サービス「資格スクエア」にて開始する。

 「未来問」は、AI TOKYO LABとの提携によって開発され、出題カテゴリ的中率は60%超を見込む。2018年(平成30年)10月に78%の的中率を達成した宅建士試験版に続く第2弾であり、今後は社労士やその他の法律資格、およびセンター試験向けにも開発を進めていく。

 直近5年分の過去問題と「資格スクエア」の予備試験講座テキスト(3500ページ分)、「資格スクエア」論証集のデータ、Wikipediaの法律用語344ページ分を教師データとして、文章分類エンジンによって128カテゴリに分類。その後、毎年度の出題傾向を学習した出題傾向予測エンジンを使用して、2019年度の司法試験予備試験短答式試験の出題問題95問を予測する。

未来問
「未来問」の概要

 なお、試験翌日の5月20日には、実際の試験問題と「未来問」の予想問題を照らし合わせたカテゴリ的中率の開示を予定している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0