Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

アルクテラス、主体的な学習が身につくノートの取り方「魔法のノート」を公開

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/04 16:00

 アルクテラスは、東京都立武蔵高等学校・附属中学校の英語教諭である山本崇雄氏の協力のもと、主体的な学習が自然と身につくノートの取り方「魔法のノート」を、4月4日に公開した。また、中高生より募集した「魔法のノート」の考え方に基づいたノートを一部公開している。

魔法のノート

 「魔法のノート」は山本崇雄氏が提唱する、主体的な学習が自然と身につくノートの取り方。学習における自身の課題を提起し、その答えを導くまでの道のりなどを的確にまとめることで、主体的な問題の解決能力を身につけられる。

海陸風と季節風と偏西風にはどのような「違い」があるのか。
高校2年生「海陸風と季節風と偏西風にはどのような「違い」があるのか。」
魔法のノート
高校1年生「魔法のノート」
綱吉さんの政治
中学生「綱吉さんの政治」
絶対王政が行われたことで人の生活はどう変わったか。
中学生「絶対王政が行われたことで人の生活はどう変わったか。」

 アルクテラスが提供している、無料の学習ノート共有アプリ「Clear」でも、「魔法のノート」を提案している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0