Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

NPO法人キッズドア、4月15日に「Amazon IT自習室」 を開設、プレイベントを実施

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/03 18:30

 NPO法人キッズドアは、アマゾンジャパン合同会社の協賛によって「Amazon IT 自習室」(東京都新宿区四谷)を4月15日に開設する。開設にあたり、3月25日にプレイベントが行われた。

 「Amazon IT 自習室」は、経済的な環境を問わず子どもが気軽にITに触れられる「町の図書館+α」をイメージとし、理工系の大学生や、ボランティアがITを駆使した小さなビジネス体験、学校でのプログラミング教育の補講、進路情報などネットから得られる情報取得のサポートを行う。

 今回、プレイベントとしてプログラミング教材「プリモトイズ キュベット」を活用したワークショップが行われ、計13名の子どもたちが参加した。最初は機能の説明をせずに自由に触り、キュベットの仕組みを子どもたち自身で解明していた。その後、ロボットを目的地まで運ぶためのプログラミングをチームで考えて試行錯誤していた。

 ワークショップの後、子どもたちは、パソコンやタブレットを自由に触れる部屋で、思い思いに過ごしているのが印象的だった。キュベット以外にも、Amazon fire タブレット、COZMO、Scratch、マインクラフト教育版といったIT機器が常設されている。

 「Amazon IT 自習室」は、毎週日曜日と月曜日の夕方に開講し、事前予約制。キッズドア学習会に通う小学5年生~高校3年生が利用できる。開講日には、現役のエンジニアが常駐し、プログラミング学習のアドバイスを行う等、サポートしていく。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0