Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

じゅけラボ予備校、「大学入試改革」認知度調査の結果を発表、2020年度以降に受験する生徒の9割超が「大学入学共通テスト」について知らないという結果に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/08 14:15

 エンライクが運営する「じゅけラボ予備校」は、同校の生徒を対象に実施した、2020年度に行われる大学入試改革に関する認知度調査の結果を、3月7日に発表した。調査対象者数は240名。

 調査対象者に、大学入試がどのように変わるか知っているかを尋ねたところ、中高生の親の8割程度、中学生の7割程度、高校生の9割程度が、新しい入試制度に変わることや、新入試制度のだいたいの内容を知っていると答えている。

 一方で、「変更内容についてよく知っている」と回答した人の割合は非常に低く、中高生の親で13%、中高生は1割にも達していなかった。

大学入試がどのように変わるか知っているか

 以上の結果より、大学入試改革に関する事項の詳細な内容把握度は低く、センター試験に代わって大学入学共通テストが実施されることや、英語の民間試験を利用する「大学入試英語成績提供システム」もまだまだ浸透していないことがわかる。

 新入試制度に関して、「変更内容についてよく知っている」と回答した人に、「どこで、どうやって知ったのか」を尋ねた質問では、中高生の親は「新聞でプレテスト(施行調査)の記事を見て気になり、インターネットで調べた」「塾の先生に質問した」、高校生は「塾・予備校等の先生から説明された」と回答している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0