Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

ロボットプログラミングに革命をもたらすか? ソニーのロボットトイ「toio」が3月に発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/02/05 07:00

 3月20日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)から、ロボットトイ「toio(トイオ)」が発売される。それに先駆けて、1月23日にメディア向けの体験会が開催された。この記事では、次世代のおもちゃとも言えるtoioの特徴を紹介するとともに、プログラミング学習の観点からも魅力をお伝えする。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント「toio」3月20日発売、1万6980円(税別)(C)Sony Interactive Entertainment Inc, All rights reserved. Design and specifications are subject to change without notice.

ソニーならではのギミックが詰まったロボットトイ

 まず、toioの基本的な構成について解説していこう。toioのハードは、以下の3種類のパーツで構成されている。

【1】toioコア キューブ

toioコア キューブ
toioコア キューブ

 toioのメインとなる、キューブ型のロボット。32mm幅と手のひらに載るコンパクトなサイズながら、絶対位置を検出するセンサー、姿勢検出センサー、さらにモーターなどが内蔵されている。基本セットには2台付属し、それぞれが連動した動きや遊びもできる。

 工作と組み合わせることができるだけでなく、レゴブロックとも互換性があり、組み立てたレゴブロックを上部にはめ込むことも可能だ。

【2】toioコンソール

toioコンソール
toioコンソール

 キューブの充電が行えるほか、別売りのゲームやコンテンツが入ったカートリッジスロットを備え、コントローラーとなるリングの接続も行えるステーション的存在。中央にモノクロの液晶ディスプレイがあり、キューブとはBluetoothで通信を行う。

【3】toioリング

toioリング
toioリング

 小さい子どもでもにぎりやすく、片手でも操作できるリング状のコントローラー。方向キーと4つのボタンを備え、ジャイロや加速度センサーを内蔵している。2個セットなので、2人同時プレイや対戦ゲームなどにも対応する。

 toioのシンプルながら洗練されたデザインは、ソニーらしいおしゃれな作りと言える。価格は、toioのハードのみが1万6980円(税込)で、専用タイトル「トイオ・コレクション」がセットになった「toioバリューパック」(1万9800円、税込)も数量限定で発売される。

別売の専用タイトルは3月に同時発売

 toioと同日に発売される別売の専用タイトルは、以下の3本だ。

「トイオ・コレクション」

トイオ・コレクション
トイオ・コレクション

 おならで相手を飛ばす「スカンクチェイサー」や、自分で自由に遊びを考える「フリームーブ」など、toioならではの機能をフル活用したゲームや遊び全5種類が楽しめるセット。専用のカートリッジをコンソールに挿し込み、同梱のプレイマットを使って遊ぶ。

「工作生物 ゲズンロイド」

工作生物 ゲズンロイド
工作生物 ゲズンロイド

 紙工作とtoioで、未知の生命体を作り出すことができる工作キット。「ピタゴラスイッチ」の企画を手掛けるユーフラテスが制作している。

「GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~」

GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~
GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~

 アンプラグドの方法で、専用絵本と紙製の命令カードを使い、プログラミングの基本を遊びながら学べる。「順次」「分岐」「反復」の概念を、キューブロボットを動かすことで身に着けていく。

 ※いずれも本体は別売。

 これらの方向性の異なるユニークな3本のほか、2019年中には「ドライビング」や「謎解きゲーム」(いずれも仮称)などの発売も予定されている。

ミニカーを実際に走らせることができる「ドライビング(仮称)」。toioリングで操作し、コースに描かれた壁にぶつかると音が鳴るなど、リアルなギミックがおもしろい。
ミニカーを実際に走らせることができる「ドライビング(仮称)」。toioリングで操作し、コースに描かれた壁にぶつかると音が鳴るなど、リアルなギミックがおもしろい。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 相川 いずみ(アイカワ イズミ)

     教育ライター/編集者。パソコン週刊誌の編集を経て、現在はフリーランスとして、プログラミング教育やICT教育、中学受験、スマートトイ、育児などの分野を中心に、取材・執筆を行っている。また、渋谷区こどもテーブル「みらい区」を発足し、地域の子ども達に向けたプログラミング体験教室などを開催している。一児の...

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0