EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

イーオンとKDDI総合研究所、日本人英語話者向けのAIを用いた英会話スキル評価システムを共同開発

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/26 15:45

 イーオンとKDDI総合研究所は、AIを用いた英会話スキルの評価システム「日本人英語話者向け発音自動評価システム」を共同開発したことを、11月22日に発表した。2019年1月から、生徒専用の自宅学習サポートサイト「イーオン・ネット・キャンパス」内にて、生徒が音読する音声を収録し、それに対してAIが自動評価をする「発音診断」コンテンツとして、サービス提供を開始する。

「日本人英語話者向け発音自動評価システム」の構築イメージ
「日本人英語話者向け発音自動評価システム」の構築イメージ

 「日本人英語話者向け発音自動評価システム」は、「発音の正確さ」「リズム」「イントネーション」の観点から改善点を明確化し、自宅学習による英語力向上を推進する評価システム。

 開発に先立って、早稲田大学教育学部英語英文学科の松坂ヒロシ教授監修のもと、イーオンが独自に発話英語について、

  1. 単語レベルでの発音の正確さ、単語のアクセントを評価する「音素と語強勢」
  2. 「リズム、リンキング、スピードを含む流暢さ」
  3. 文レベルでの評価となる「イントネーションと文強勢」

という3つの評価指標を策定するとともに、総合的な発音のわかりやすさの「総合評価」を加えた4軸を設定し、これらの指標に基づいて、収録した英語発話音声を同社の外国人教師によって評価した。

 その結果を、KDDI総合研究所が奈良先端科学技術大学院大学データ駆動型サイエンス創造センターの安田圭志特任准教授から、音声言語処理分野に関する協力を得つつ、AI技術によってモデル化し、日本人英語話者の発音を適切に評価できる「日本人英語話者向け発音自動評価システム」を設計した。

 「日本人英語話者向け発音自動評価システム」は、イーオンの生徒専用自宅学習サポートサイト「イーオン・ネット・キャンパス」のコンテンツである「シャドーイング&音読トレーニング」にて、「発音診断」機能として2019年1月より一部のレベルを想定してパイロット導入し、順次対応レベルを増やしていく。

「発音診断」の利用イメージ
「発音診断」の利用イメージ

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0