Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

Flitto、eラーニング・外国語学習サービス「Arcade」を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/20 16:40

 韓国・Flittoは、無料で外国語を学びながら、ポイントがもらえるeラーニングサービス「Arcade(アーケード)」を、11月20日(現地時間)に発表した。

 「Arcade」では、参加者が翻訳、翻訳チェック、書き取り、スピーキングなど、さまざまな活動を通して希望する外国語を練習しながら、現金のように使用可能な「フリットポイント」を獲得できる。参加者による解答は、ネイティブが無料で添削し、正答には「フリットポイント」が付与される。

アプリ版「Arcade」のイメージ

アプリ版「Arcade」のイメージ

 専用アプリやWebサイトにて、母国語と学習したい言語を選択することで参加可能で、現時点では英語、中国語、韓国語などの翻訳クイズと、特定レベル以上で参加できる添削(検収)の2種類を用意しており、今後は書き取りとスピーキングを順次追加していく。

 なお、同社は11月28日に日本貿易振興機構(JETRO)の東京本部で開催される、AI翻訳・言語データ産業グローバルトレンドをテーマにしたセミナー「Flitto VIP Japan Seminar 2018」において、「Arcade」をはじめとした言語データビジネス戦略の公開を予定している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0