Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

キャタルのライティング添削プラットフォーム「Rewrites」を用いた学校教育プログラムが経産省の「未来の教室」実証事業に採択

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/19 15:06

 キャタルは、同社が提供するライティング添削プラットフォーム「Rewrites(リライツ)」を用いた学校教育プログラムが、経済産業省の「未来の教室」実証事業に採択されることを、10月18日に発表した。

 同プログラムは、武蔵野大学付属千代田高等学院の一部のクラスにおいて、「Rewrites」を用いた英語のライティング教育を開始するもので、実証実験の結果をもとに、全国の中学校・高等学校に対してICTを用いた新しい英語教育の提供を目指す。

 「Rewrites」は、「書く」「フィードバック」「書き直す(リライト)」を繰り返すことで英語力の向上を目指す、ライティング添削プラットフォーム。ICTを活用したサービスによって、世界の名門大学出身者やバイリンガルといった、高い英語ライティング力を持つ指導者から、丁寧な指導を受けられる。

 生徒が入力した物語のサマリやエッセイなどの文章に対して、動画によるメッセージと文法の指摘や、ネイティブらしい言い回しのアドバイスなど1文ずつ細やかにコメントしたテキストで構成されるフィードバックが1週間程度で届き、フィードバックに基づいて書き直した文章を送付すると、再度フィードバックが届く。こういったサイクルを繰り返すことで、高いライティング能力の習得を目指していく。

テキストによるフィードバックのイメージ
テキストによるフィードバックのイメージ

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0