EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

小学生のためのプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix」、決勝プレゼンテーションを9月24日に開催、総合優勝と各賞受賞者を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/26 16:00

 CA Tech Kidsは、小学生のためのプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix(テックキッズグランプリ)」の決勝プレゼンテーションを、9月24日に開催した。

「Tech Kids Grand Prix」決勝プレゼンテーション

「Tech Kids Grand Prix」決勝プレゼンテーション

 「Tech Kids Grand Prix」は、「21世紀を創るのは、君たちだ。」をスローガンに、IT企業10社を含む13団体のサポートと、渋谷区、渋谷区教育委員会の後援で開催された、小学生を対象にしたプログラミングコンテスト。

 国内外からの1019件のエントリーから、一次審査、二次審査を経て選出された「ゲーム部門」「自由制作部門」の各6名計12名が決勝プレゼンテーションに進出している。

 初代グランプリとなる総合優勝に選ばれたのは、宮城采生さん(小5・10歳)の、動物ブロックの重さやスピードなどを考えながら押し合う押し相撲ゲーム「オシマル」。

宮城采生さん
総合優勝に輝いた宮城采生さん

 「ゲーム部門」は、1位が宮城采生さん、2位が羽柴陽飛さん(小6・12歳)の「Point vs. Line」、3位が長谷部環さん(小3・9歳)の「宇宙突戦争」となった。

 「自由制作部門」の1位は、菅野晄さん(小6・11歳)による、誰でも簡単に自分の好きな刺繍の図案を作成できるiOSアプリ「写刺繍」。

菅野晄さん
「自由制作部門」1位の菅野晄さん

 2位には澁谷知希さん(小5・10歳)の「今日の洋服何着てく?」、3位には吉田拓隼さん(小5・10歳)の「たべガチャ」が選ばれた。

 そのほか協賛企業賞には、「ミクシィ賞」に羽柴陽飛さんの「Point vs. Line」、「サイバーエージェント賞」に柴田謙さん(小6・11歳)の「うんちく」、「Cygames賞」に長谷部環さんの「宇宙突戦争」、「東急電鉄賞」に大嶺結葉さん(小6・12歳)の「Veg-菜」、「GooglePlay賞」に齋藤之理さん(小3・8歳)の「素数の世界」が、それぞれ選ばれている。また、オーディエンス賞には菅野晄さんの「写刺繍」が選ばれた。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0