SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

PTCジャパン、スマートシティとIoTロボットをテーマにした学生向けIoT/ARハッカソンを開催、東京大学・森川研究室が最優秀賞を受賞

 PTCジャパンは、国内大学および高等専門学校の6校7チームが参加した、スマートシティとIoTロボットをテーマにしたIoT/ARハッカソン「PTC Challenge IoT / AR Hackathon for Student in 2018」を、8月30日に同社オフィスにて開催した。

 「PTC Challenge IoT / AR Hackathon for Student in 2018」のテーマは、「スマートシティ」(エネルギー、橋、水道、自動運転、建物など)と「IoTロボット」(AI、VR/AR、LabVIEW、3DCADなど)の2分野で、同社の「ThingWorx」「ThingWorx Analytics」「Vuforia Studio」「Vuforia Engine」の使用が条件となっている。

 開発期間は5か月と、学生向けハッカソンとしては長めの設定で、参加者はアカデミック向けに1年間無料で提供した「ThingWorx」ライセンスや、体験版の「Vuforia Studio」または「Vuforia Engine」を使用した。また、同社は学生に対して操作習得支援やアイデアの出し方をアドバイスするといったサポートを行っている。

 最優秀賞に選ばれたのは、東京大学・森川研究室による「ARを駆使した簡単&リアルな化学実験ツール」で、北九州工業高等専門学校・生産デザイン工学科知能ロボットシステムコースの「KIT Smart Care Home Project – ARとビーコンで実現する新たな介護施設管理システム-」が敢闘賞、名古屋工業大学・経営システム学科の「脅威情報を用いた早期警戒手法」がシステム賞、中央大学・理工学部生産情報システム研究室の「ThingWorxを用いた部品交換支援」が特別賞となった。

ARを駆使した簡単&リアルな化学実験ツール
最優秀賞に輝いた、東京大学・森川研究室の「ARを駆使した簡単&リアルな化学実験ツール」
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/1378 2018/09/18 14:34

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング