Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

エクシード、小中高生がRubyを学ぶための映像授業をまちづくり三鷹と共同開発

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/12 16:50

 エクシードは、小中高生がプログラミング言語のRubyを学ぶための講座「Rubyコース(仮称)」を、まちづくり三鷹と共同開発する。

 「Rubyコース(仮称)」は、まちづくり三鷹が制作した「小学生から楽しむRubyプログラミング」「Rubyプログラミング入門」の2つの教材をベースに制作される映像授業。映像授業化することで、講師の負担を軽減するとともに、授業の品質担保、繰り返し再生などによる生徒の学習効果の向上が期待される。

 まちづくり三鷹は、三鷹市の第三セクターであり、およそ10年前からRuby普及のために講師養成講座や、小中高生向けプログラミング講座、および「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト」などを開催しており、今回の「Rubyコース(仮称)」共同開発は、Rubyの普及活動を三鷹市以外にも広げることを目的としている。

 「Rubyコース(仮称)」は、エクシードが「Tech for elementary」というブランドでFC展開しているプログラミング教室や、まちづくり三鷹の講師養成講座とプログラミング講座で活用される。また、他の地方自治体などへの提供も視野に入れており、2019年1月には小学生向け映像授業の提供開始を予定している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2018/09/13 13:36 一部の表現を修正しました。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0