EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

アプリボット、小学生向けオンラインプログラミング学習サービス「QUREO」に理解度を可視化する「成績機能」を追加

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/04 16:29

 アプリボットは、同社が運営している小学生向けオンラインプログラミング学習サービス「QUREO(キュレオ)」において、子どものプログラミング学習理解度を可視化する「成績機能」を9月4日に追加した。

 新機能である「成績機能」は、「QUREO」のレッスンのクリア状況から、子どものプログラミング学習理解度を判定・可視化する機能で、独自に開発した各項目ごとに理解度を判定する仕組みによって、自身の得意・苦手項目が明らかになり、復習すべきレッスンがわかるようになる。

 また、項目ごとの理解度をまとめた総合成績を判定して、7段階のランクを「ランクバッジ」としてマイページに表示することで、子どもたちの学習意欲を刺激する。

ランクバッジ
7段階のランクを「ランクバッジ」として表示

 今後は、保護者・指導者向けに、より詳細な学習理解度がわかる「保護者向け成績機能」の提供も予定している。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0