EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

誠文堂新光社、人工知能をマンガで解説した「子供の科学★ミライサイエンス第4弾」を発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/15 12:00

 誠文堂新光社は、「子供の科学★ミライサイエンス」 シリーズの第4弾として、『人工知能と友だちになれる? もし、隣の席の子がロボットだったら…マンガでわかるAIと生きる未来』(新井紀子監修)を6月22日に発売する。税別価格は1200円。

『人工知能と友だちになれる?』
『人工知能と友だちになれる?』

 『人工知能と友だちになれる? もし、隣の席の子がロボットだったら…マンガでわかるAIと生きる未来』(新井紀子監修)は、「もしも、人工知能ロボットがクラスに転校してきたら……」というストーリーのマンガを通して、人工知能の得意なことや苦手なことを解説する書籍。

 監修は、『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』の著者である研究者・新井紀子氏。

 「子供の科学★ミライサイエンス」 は全4冊で編成されており、月刊誌『子供の科学』が、未来を生きる子どもたちにとって大切な科学を楽しく、わかりやすく紹介する新シリーズ。

 

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0