Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

アルクテラスが開発する教育機関向けコミュニティツール「ClearS」、「東大NETアカデミー」での導入が決定

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/12 12:25

 アルクテラスが開発を行う「ClearS」は6月12日、フィオレ・コネクションが運営する「東大NETアカデミー」での導入が決定した。

教育機関向けコミュニティツール「ClearS」
教育機関向けコミュニティツール「ClearS」

 「ClearS」は勉強ノート共有アプリ「Clear」で培った「学び合い」「ノート共有」のノウハウをもとに、教育機関向けにクラウド型で提供するオンラインコミュニティツール。

 今回「ClearS」が導入される「東大NETアカデミー」は東大生講師による双方向遠隔ライブ授業を提供するサービスで、全国21カ所に向けてライブ授業を行っている。授業を担当するのは約40名の東大生で、配信スタジオは駒場東大前と本郷三丁目の拠点にある。多くの東大生が1~2年が駒場キャンパス、3~4年が本郷キャンパスに通学するため、若手講師がベテラン講師とコミュニケーション・情報共有を行いづらいという課題があった。

 そこで「ClearS」の導入によって講師間のやり取りを促進させ、ノート共有機能で教案・指導案についての情報共有、Q&A機能で質問を行うことができる「オンラインOJT」の環境を構築することをねらう。

 「ClearS」の利用料は塾・学校の教室数や生徒数に応じて変動。利用開始の問い合わせは公式サイトにて受け付けている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0