Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

ユーザー視点もエンジニア視点も重要―プログラミング学習ロボット開発秘話

-[Vol.038]-------------------------------------------------------
このメールはEdTechZineで登録された方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------
こんにちは。EdTechZine(エドテックジン)編集部です。


今回のおすすめは、9月に新発売したプログラミング学習用のロボット
「embot(エムボット)」開発秘話についての記事です。
開発者のプライベートなプロジェクトから始まったこの製品には、
子どもたちに学びを提案する工夫が随所に凝らしてあります。

詳細は、新着記事一覧をご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[0] 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事
[2] 人気記事ランキング
[3] 新着ニュース
[4] リクエスト/投稿
[5] バックナンバー/配信停止方法

EdTechZineのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter  => 
* Facebook => 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事一覧:4本(10/19~11/2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ユーザー視点もエンジニア視点も重要
 ――プログラミング学習用ロボット「embot」開発インタビュー
 プログラミング学習用のロボット「embot(エムボット)」が、2018年9月に正式
に発売された。embotは子どもがプログラミングを学ぶためのロボットで、簡単な
組み立て工程と、非常に直感的かつ論理的なアプリでプログラミングできるのが特
徴だ。プロジェクトを率いる株式会社NTTドコモ イノベーション統括部の額田一利
さんに、embot開発への思いや製品版に至るまでの道のりについてお話を聞いた。



◆ルンバの生みの親直伝! アイロボットCEOによるSTEMワークショップ日本初開催
 9月30日、アイロボットジャパンは、子どもたちが「ルンバ」を実際にプログラ
ムして動かすSTEMワークショップを開催した。このワークショップはグローバルで
展開しているSTEM教育活動の1つで、日本で開催されるのは今回が初めて。米国で
行っている同社のSTEM教育活動は、幼稚園から大学までさまざまなレベルのセミ
ナーやワークショップが展開される。中には、社会人向けの就職フェアなどでの活
動もある。共通するのは、ルンバを使ってプログラム、ロボティクスを学ぶこと。
特に子どもたちに向けては、科学、テクノロジー、エンジニアリング、数学といっ
たリテラシーを高めてもらうことを目的としている。第1回となる今回のワーク
ショップは、全国から12名の小学1年生から3年生までの子どもたちが集められ、東
京にあるアイロボットジャパンのオフィスにて開催された。



◆スクールタクトで授業はどう変わる? 未来の学びへの意見交換
 教育の新しい形を考える「未来の先生展2018」が9月15日と16日の2日間にわたっ
て開催された。会場の聖心女子大には、公立・私立の学校、企業、NPO、一般社団
法人など、さまざまな参加団体が集まり、各教室でワークショップや講演が次々に
開催された。前回お送りした、東京都小金井市立前原小学校のプログラムのレポー
トに引き続き、今回は授業支援システム「スクールタクト」を活用した、「1人1台
タブレットPC体制とクラウドで、授業がどう変わるのか?」のプログラムをレポー
トする。



◆オランダのコーチング型教育(小学校編)
 ――個に合わせた学びと、プロジェクト・ベースの学び
 本連載では、教員を目指す大学生の二人が感じた「画一的な内容を一斉授業で教
える」旧来の公教育に対する疑問と、今後求められる「学びの大転換」の参考とし
て、日本の教育の形が当たり前ではない世界各国の教育トレンドを実地調査した内
容をお伝えしていきます。第2回では、オランダの小学校を視察して得られた気づ
きをご紹介します。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 人気ランキング(10/26~11/1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 ユーザー視点もエンジニア視点も重要
   ――プログラミング学習用ロボット「embot」開発インタビュー


●2位 スクールタクトで授業はどう変わる? 未来の学びへの意見交換


●3位 ルンバの生みの親直伝! 
   アイロボットCEOによるSTEMワークショップ日本初開催


●4位 オランダのコーチング型教育(小学校編)
   ――個に合わせた学びと、プロジェクト・ベースの学び


●5位 教育用プログラミングパソコン「IchigoJam」で
   IoTの基礎を学べるロボット「ソビーゴ」


<ニュース>

●1位 小学生向けオンラインプログラミング学習サービス「QUREO」が
   特待生を募集、利用料を半年間無料に


●2位 マウスコンピューター、文教向けOS搭載のタブレットパソコン2機種を発売


●3位 N高、ビジネス・ブレークスルー大学より動画講義を提供、
   「Advanced Program」での活用も


●4位 相模鉄道、旺文社のeラーニング「ココマナ」を採用、
   インバウンド対策として


●5位 エドガ、VR研修・管理プラットフォーム「Owl」を発表


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 新着ニュース:45本(10/18~11/1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・小学生向けオンラインプログラミング学習サービス「QUREO」が特待生を募集、
 利用料を半年間無料に(11-01)


・マウスコンピューター、文教向けOS搭載のタブレットパソコン2機種を発売
 (11-01)


・N高、ビジネス・ブレークスルー大学より動画講義を提供、
 「Advanced Program」での活用も(11-01)


・エドガ、VR研修・管理プラットフォーム「Owl」を発表(11-01)


・相模鉄道、旺文社のeラーニング「ココマナ」を採用、
 インバウンド対策として(11-01)


・Lentrance、学校に供給するデジタル教科書に「アプリ方式」
 「校内・自治体配信方式」「クラウド配信方式」の3方式を提供(11-01)


・学研プラス、プログラミング・音楽・算数を横断的に学べる学習ソフト
 「Music Blocks」を使った小学生向けワークショプを11月10日に開催(11-01)


・エクシード、「Tech for elementary」の加盟教室にオンライン英語プログラム
 「ABCmouse For Schools」を提供開始(11-01)


・オンライン家庭教師アプリ「Snapask」の登録生徒数が100万人を突破(10-31)


・appArray、英語学習に特化したオンライン英語コーチングサービス
 「スパルタバディ」を正式リリース(10-31)


・ベネッセ教育総合研究所、小学生を対象に実施した読書に関する
 実態調査・研究の結果を発表(10-31)


・AI教育講座「AIジョブカレ」、特待生制度「AIジョブカレPRO」の受付を開始、
 未経験からでも正社員のAIエンジニアとして転職を保証(10-31)


・北海道初の「ロイロノート・スクール ユーザー会」が12月8日に開催、
 ロイロ認定Teacherが模擬授業を実施(10-31)


・学習管理SNS「Studyplus」、ユーザーの学習体験などを配信する
 「特集記事コンテンツ」提供を開始、第1弾は「大学合格体験記」(10-30)


・「中高生ポスターセッション」を2019年3月16日の情報処理学会
 「第81回全国大会」で開催(10-29)


・atama plus、タブレット型AI教材の学習支援機能に関する技術で特許権を取得、
 「atama+ for coach」のアラート機能を拡張(10-29)


・Progate、CoderDojo Japanと提携し、全国の子ども向けプログラミング道場に
 法人プランを無償提供(10-29)


・レアジョブ、新学習指導要領に対応した学校向けオンラインレッスン教材
 「Join Us!」(小学校向け)の提供を開始(10-29)


・旺文社、子ども向けオンライン英会話スクールを展開するハグカムへ
 出資・業務提携(10-29)


・ジョイズ、教材をデジタル化しAI英会話学習を可能にするプラットフォーム
 「TerraTalk Connect」を提供(10-29)


・プラススタイル、自分で組み立ててプログラミング可能なSTEM教育ロボット
 「Marty the Robot」を発売(10-26)


・「ナレッジキャピタル ワークショップフェス 2018秋」を11月17日~18日に
 開催、子どもの感性を育む多彩なプログラムを実施(10-26)


・「Classiポートフォリオ」に新機能「アルバム機能」「学びの振り返り機能」を
 追加(10-26)


・プログラミング能力を競うコンテスト
 「DISCO Presentsディスカバリーチャンネル コードコンテスト2019」の
 応募受付を開始(10-26)


・学研テックプログラム、小・中学生向けの無料プログラミングワークショップを
 11月3日に開催(10-26)


・ロボットプログラミング教室「ロボ団」、
 「プログラミング教育と小学生の教科・非認知能力に関する意識調査」の結果を
 発表(10-26)


・ライフイズテック、「PlayStation VR」を活用した中高生向けワークショップ
 「MEMOREUM TOKYO」を11月3日~4日に開催(10-24)


・キャスタリア、大学と連携した小学生向けプログラミング講座を開講(10-24)


・マイナビ、SIGNATEと共同でデータサイエンティストに特化した
 コンペティション型インターンシップを実施(10-24)


・「N中等部」が大阪・江坂でも開校、東京校舎は「新宿キャンパス」に決定
 (10-24)


・サインウェーブ、英検二次試験面接対策アプリ「ひとり英会話 for 英検面接」
 を発売(10-24)


・英語学習アプリ「POLYGOTS」、AIを利用した自動学習カリキュラム生成機能
 「My Recipe」を追加(10-24)


・「第3回全国小中学生プログラミング大会」の最終審査会・表彰式を開催、
 グランプリは中3女子の「つながる。」(10-24)


・子どもの「ICT教育」に関するアンケート調査、約57%の保護者が
 「プログラミング知識が子どもの所得増加につながる」と回答(10-24)


・起業家・エンジニア養成プログラミングスクール「G's ACADEMY TOKYO」、
 社会人向けの実戦的データサイエンティスト養成講座
 「DATA SCIENCE BOOTCAMP」を11月に開講(10-24)


・中学生専門オンライン塾「ゆめのば」、募集開始9日間で定員1000名を達成
 (10-24)


・ヒロ・インターナショナル、NASAオリジナルの映像コンテンツを活用した
 英語リスニング教材の提供を開始(10-24)


・「eラーニングアワード 2018 フォーラム」にて11月16日に「英語トラック」を
 開催(10-23)


・アプリボット、小学生向けオンラインプログラミング学習サービス「QUREO」の
 海外での提供を開始(10-23)


・「U-22プログラミング・コンテスト2018」、最終審査会で各賞が決定、
 経済産業大臣賞<総合>は小6女子による作品(10-23)


・エクシード、小中高生がUnityでゲームデザインを学ぶ講座
 「Unityコース(仮称)」をユニティ・テクノロジーズ・ジャパンと共同開発
 (10-22)


・AIプログラミング学習サービス「AI Academy」、
 大幅アップデートの実施と一定期間の無料利用を提供開始(10-22)


・GLOBAL EDUCATION PARTNERS、オンライン・インターナショナルスクール
 「Global Step Academy」に新科目を導入(10-22)


・キャタルのライティング添削プラットフォーム「Rewrites」を用いた
 学校教育プログラムが経産省の「未来の教室」実証事業に採択(10-19)


・eライブラリー、小中高等学校向け電子書籍サービス
 「スクール イー ライブラリー」の提供を2019年4月に開始(10-19)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] リクエスト/投稿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「こんな記事が読んでみたい!」というリクエストがありましたら、
編集部までお気軽にご応募ください。その他のご要望にも柔軟に対応して
まいりますので、どしどしお寄せください。

・サポート用アドレスはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] バックナンバー/配信停止方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーはこちらから⇒ 

配信停止はこちらのページにてお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/etz

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・本メールへのお問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/etz/
 よりお寄せください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 EdTechZine編集部
(c)2017 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0