SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

ITで日本を豊かにするアイデアを競い合う「MIJSアイデアソン 2022」が開催、エントリーは9月30日まで

 MIJSコンソーシアムは、日本を豊かにするテーマを掲げ、アイデアを競い合うコンテスト「MIJSアイデアソン 2022」を開催する。エントリー期間は9月30日までで、アイデアソンは10月15日、結果発表と表彰式は11月12日に開催される(いずれもオンラインで開催)。

「MIJSアイデアソン」
「MIJSアイデアソン」

 「MIJSアイデアソン」の主催は「ソフトウェアで日本を強くする」をミッションに、主要ソフトウェアベンダーが集まったMIJS(Made In Japan Software & Service)コンソーシアムで、クリエイティブコンフィデンスを持った集団だからこそ提供できるアイデア創造の場として開催される。

 第1回となる2022年のテーマは以下の3つで、複数のテーマを選ぶこともできる。

  • テーマ1:増え続ける自然災害に備えて、ITの力で何ができるか
  • テーマ2:日本経済をITの力で活性化させるにはどうしたらよいか
  • テーマ3:少子高齢化社会に対して、ITの力で何ができるか

 個人でもチームでも、意欲さえあれば誰でも無料でエントリーすることが可能で、アイデアソン未経験でもメンターがガイドする。

 エントリー期間は9月30日までで、アイデアソンは10月15日の10時~17時にオンラインで行われる。当日は10時にオリエンテーションがあるものの参加時間はフリーとなっており、何時に来て何時に帰っても問題ない。アイデアを当日メンターと一緒に考えることも、事前に考えたアイデアを登録だけして帰ることもできる。

 また、見学者として参加することも可能。見学中に触発されてアイデアが湧いた場合は、いつでも見学者から応募者に変わりアイデアを応募することができる。

 いずれの場合も参加には事前申し込みが必要となる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/8183 2022/09/27 08:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング