SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

NVIDIA、滋賀大学とのコラボレーションで翻訳された「DLIデータサイエンス教育キット」日本語版の無償提供を開始

 NVIDIAは、同社が提供するデジタルスキル育成プログラム「Deep Learning Institute(DLI)」から、「DLIデータサイエンス教育キット」日本語版の提供を、9月8日に開始した。

 「DLIデータサイエンス教育キット」日本語版は、日本のデータサイエンス教育の普及を目的に滋賀大学とのコラボレーションによって翻訳された教育用教材となっている。教育機関に所属する教員なら無償でダウンロードして、データサイエンスの教育に活用できる。

 同教育キットの英語版は、ジョージア工科大学およびプレイリー ビュー A&M大学の研究チームが、NVIDIAと共同開発したもの。ダウンロード可能な講義用スライドや演習課題、DLIオンライントレーニングへのアクセス権、クラウドのGPUインスタンスのクレジットなどが含まれている。

 同教育キットを活用することで、データサイエンスのさまざまな領域の基礎と応用を学習でき、データ収集、前処理、NVIDIA RAPIDSによるアクセラレーテッドデータサイエンス、スケーラブルで分散されたコンピューティング、GPUで加速された機械学習やデータビジュアライゼーションとグラフ解析の分野をカバーする。

 さらに、コンテンツには公平性やデータバイアス、マイノリティといった文化的な責任に関するトピックも含まれており、講義用スライドは計1000ページ超に達している。

 同教育キットがカバーしているおもなトピックは以下の通り。

  • データサイエンスとRAPIDSの入門
  • データ収集と前処理(ETL)
  • データセットにおけるデータ倫理とバイアス
  • データ統合と分析
  • データビジュアライゼーション
  • Hadoop、Hive、SparkとHBaseによるスケールと分散コンピューティング
  • 機械学習(分類)
  • 機械学習(クラスタリング、次元削減)
  • ニューラルネットワーク
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/8110 2022/09/09 15:30

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング