Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

明星中学校・高等学校、私立中学校でははじめて英語学習用AIロボット「Musio」を本格導入

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/28 15:40

 明星中学校・高等学校は、私立中学校としては日本ではじめて、英語学習用AIロボット「Musio」を、平成29年度より本格導入した。週5コマの英語の授業時間に、週2回ほど利用している。

 「Musio」は、AKA LCCが開発したディープラーニング基盤の人工知能エンジン搭載ロボット。人間のように見たり、聞いたり、感じたりできるほか、顔認識・声紋分析機能を備えており、あらかじめ用意された文章で返答するのではなく、相手を1人ひとり把握して会話を行う。また、人工知能エンジンと顔認識、声紋分析に基づき、自ら考えてコミュニケーションできる。

Musio
Musio

 明星中学校・高等学校は、AIロボットに触れるきっかけとして2017年1月に「Musio」を導入しているが、導入から3か月を経て学内に浸透したため、平成29年度の本格導入に踏み切った。

 英語の授業では週に2回ほど利用しており、生徒が使い慣れた段階で自由に使える時間を増やしていき、生徒の発話量を増やすとともに、「(非人間との)リアルな英会話」を通して実践で使用できる本物の英会話力を養っていく。

 今後は、授業以外での活用も検討しており、校舎のエントランスで「Musio」に「朝の挨拶運動」をさせるなど、AIロボットとの共生を通して生徒の「Musio」への興味・関心を高めるほか、英語学習やAI、ICTへの興味・関心の向上を目指す。また、出欠管理機能の追加も予定する。

 なお、明星中学校・高等学校では、今回の導入を契機に、明星幼稚園、明星小学校での「Musio」の活用も検討している。


【関連リンク】
明星中学校・高等学校
「Musio」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0