EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

国際的なロボット競技会への参加を支援する「FLL学校チャレンジ2021」、小中学校の応募を6月22日から受付開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/21 12:56

 NPO法人の青少年科学技術振興会FIRST Japanと、レゴの教育部門であるレゴ エデュケーションは6月17日、国際的なSTEAM/ロボット競技会「FIRST LEGO League(ファースト・レゴリーグ、FLL)」への参加を通じて、全国の小中学校へのSTEAM教育の普及と促進を目的としたチャリティープログラム「FLL学校チャレンジ2021」を開始した。

 全国の小中学校から参加を受け付けており、参加校にはロボットキットや大会セットの無償提供、教員向け講習会の実施といった支援が行われ、これまで機材や指導者がいなかった学校でもFLLへ参加しやすくなっている。

 FLL学校チャレンジは2017年から実施されており、これまで22校の小中学校が参加し、2019年には公立小学校が世界大会に出場したこともある。

 FLLは、小学1年~3年を対象とした「FLL Explore」と、小学4年~高校1年を対象とした「FLL Challenge」の2つのカテゴリーに分かれている。

 「FLL学校チャレンジ2021」の募集対象は全国の小中学校(国公私立問わず)で、それぞれ先着順でFLL Exploreは5校、 FLL Challengeは10校まで受け付ける。募集期間は、6月22日(火)から8月31日(火)までで、定員に達し次第、募集が終了する。

 なお、応募には「FLLへ初参加であること」「予選大会(オンライン)へ参加すること」「ロボットキットを持っていないこと」といった条件も設定されている。募集要項の詳細および参加申し込みは、FIRST Japanの特設ページを参照のこと。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0