EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ファームフェス、小学校向け農場教育サービス「小学校ファーム」の提供を、目黒区立小学校からスタート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/11/20 15:30

 ファームフェスは、小学校農場教育サービス「小学校ファーム」の第1弾として、7月に目黒区立小学校の「小学校ファーム」を設立、10月に専用Webサービス「小学校ファーム通信」の提供を開始した。

 「小学校ファーム」は、近隣に広い農地のない東京都内の小学校が、郊外の農園に学校の名前を付け、擬似的に農地を所有可能なサービス。学校ごとに特設Webページ「小学校ファーム通信」を提供し、児童は同ページを通じて農作物が育つ様子を観察したり、コメント機能を使って農場を管理する農家とコミュニケーションできる。

小学校ファーム通信
小学校ファーム通信

 月に1回、農場解放日を設けているので、児童が保護者とともに農場へ行って、農作物の世話をしたり、育つ様子を観察したりすることも可能になっている。

 児童が自ら種まきをした野菜の成長記録を、毎月Web上で確認することで、種まき~収穫のストーリーを継続して体験できる。また、Web上では農作物や農業に興味を持ってもらえるよう、農家から「食」に関する動画などのコンテンツ配信も行っている。

 今期の「小学校ファーム」では、7月に児童たちが植え付けをした有機栽培のニンジンが11月に収穫期を迎えるにあたり、同時期に農場内で収穫されるじゃがいも、玉ねぎとともに「八ヶ岳カレー」として給食で提供する。同日は、児童だけでなく農場を管理する農家も一緒に給食を食べ、収穫までのストーリーをより身近に感じられるようにしている。

 今後は、サービスの提供を全国に拡大していく。


【関連リンク】
ファームフェス



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0